スポンサーリンク
迷惑メール

Amazonの迷惑メールは多すぎ!偽のAmazonメールを見破る方法!

Amazon詐欺情報迷惑メール

私が受信する迷惑メールは最低でも日に1通、多いときには日に数通が届きます。

その迷惑メールの中でも断トツの受信数なのが「Amazonを騙る迷惑メール」です。

日に数通って...多すぎ!かなりウザイ!

ここまでAmazonの迷惑メールが蔓延するのは、騙される人も多いからでしょう。

そこで、今回はAmazonの迷惑メールを見抜く方法を紹介します。

この方法さえ覚えておけば、Amazonの迷惑メールを100%見分けることが出来るようになり、詐欺の被害に遭わずに済みます。

迷惑メールの被害、この先もゼロにはならないと思いますが、せめてAmazonの迷惑メールには騙されない様になりましょう。

では最初に、多すぎるAmazonの迷惑メールから紹介していきます。

スポンサーリンク

Amazonを騙る迷惑メールが多すぎ

まだ増えていますが、現時点で私のところに届いたAmazonの迷惑メールの一部を紹介すると、以下の様なメールがよく届きます。

Amazonを騙った迷惑メールの一部

  • AmazonPayの入金のお知らせ
  • Amazonプライムの有効期限切れ
  • Amazonプライムの注文確認
  • Amazonの商品発送
  • Amazonセキュリティ警告、不正アクセス

私も最初の頃は迷惑メールに騙されてリンクをクリックしたり、送られてきた迷惑メールにドキッとしたこともありますが、最近はあまりにも多すぎるAmazonの迷惑メールに傾向もわかり、慣れはじめました。

もちろん、それだけではありません。

冒頭でも書いた様に、Amazonの迷惑メールは100% 判別する方法があるからです。

それぞれの迷惑メールの詐欺を見抜く方法は個別記事で紹介しているので本記事では省略しますが、もし知りたい方は以下を参照ください↓

Amazon詐欺情報
「Amazon詐欺情報」の記事一覧です。

本記事では「Amazonの迷惑メールを100%見抜く方法!」のみ紹介します。

スポンサーリンク

Amazonの迷惑メールの見分け方

Amazonの迷惑メールを100%見抜く方法は2つあります。

一つ目が、差出人のメールアドレスです。

差出人のアドレスが決まっている

AmazonがEメールの送信に使用するメールアドレスは決まっています。

送信に使用するメールアドレスは「Amazonの公式サイト」で公開しており、それ以外のメールアドレスから届くメールは「迷惑メール」と判断できる様に情報提供しています。

現時点、Amazonが送信で使用するメールアドレスとして公開しているものは以下となります。

※最新情報は公式サイトで確認ください

Amazon.co.jpが使用する差出人Eメールアドレス

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • business.amazon.co.jp
  • email.amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

※最新情報は公式サイトで確認下さい。

公式サイト:Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について

メールアドレスを一つずつ確認するのが面倒な方は、簡単に確認できる2つ目の方法がオススメです。

メッセージセンターで判別する

Amazonの迷惑メールを見抜く2つ目の方法は、メッセージセンターで確認する方法です。

Amazonが送信したメールはメッセージセンターで照会することが出来るようになっています。

Amazonが送信したメールの確認ができるメッセージセンターの開き方

メッセージセンターの開き方は、以下のリンクからAmazonの公式サイトへ移動し、赤〇の箇所から開くことができます。

Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について

Amazonのメッセージセンター

タイムセールの案内、プライムデー開催の案内、Amazonアソシエイトレポートなど、すべてのAmazonから送られてきたメールを確認することができます。

もしメッセージセンターにメールが無ければAmazonは送信していないメールとなり、迷惑メールだと判別できます。

少しでも「怪しい!」と感じたら、メッセージセンターで確認するのが一番確実です。

ちなみに私の場合、本サイトでAmazonの迷惑メールの紹介記事を書くので、かなりの頻度でメッセージセンターを確認しています。

間違った情報を流さないためにも...

スポンサーリンク

Amazon詐欺メールの記事紹介

では最後に。

詐欺メールの多くは自動で生成されたメールアドレス宛に無作為に送信しており、詐欺をしている人も実在する(使われている)メールなのかをわからずに送っています。

要は「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」みたいな感じです。

そのため受け取った私たちが、リンクをクリックして詐欺用サイトへ遷移したり、お金を振り込んだり、メールへ返信したりするような行動さえ起こさなければ、被害に遭うことがありません。

私たちが何かのアクション(行動)を起こすことは、下手な鉄砲に自ら当たりに行くようなものなので絶対にやめましょう!

少しでも怪しい!と感じるAmazonのメールは、メッセージセンターで確認しましょう。

また、私はAmazonの詐欺メール以外にも「詐欺サイトへの誘導」「TwitterのDMで騙された」など、いろんな詐欺らしきことに私は遭遇していますので、それらの記事も参考になれば幸いです。

ネット詐欺情報
「ネット詐欺情報」の記事一覧です。

あと、セキュリティソフトに検出される詐欺サイトやメールもありますので、こちらも有効です↓



皆さん、詐欺には気を付けましょう。

ではまた。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました