迷惑メール

「Amazonセキュリティ警告:サインインが検出されました」に注意!

Amazon詐欺情報 迷惑メール

つい4日前にAmazonの詐欺メール記事を書いたばかりなのに、もう新しい迷惑メールが...

最近は新型コロナウイルス蔓延の影響か、迷惑メールも蔓延中です。

今回の迷惑メールはいつもと違い本物そっくりの偽メールなので、いつも以上にご注意ください。

ではさっそく本日もAmazonの偽メールを紹介していきます。

スポンサーリンク

偽Amazonのサインイン検出の内容

まずはメールの内容から。

今回の迷惑メールは件名が「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」です。

もしかすると、皆さんも見たことがある人もいるのでは?

アカウントへのサインインが検出されました。 日時 Jun 20, 2020 01:32 PM Japan Standard Time デバイス Google Chrome Windows (デスクトップ) 付近 Tokyo, Japan これがお客様ご自身による操作だった場合、このメッセージは無視してください。 「詳細を表示」 このEメールがAmazonから送信されていることを確認するにはどうすればよいですか? このEメールのリンクは「https://www.amazon.co.jp」で始まります。以下のリンクをいつでもブラウザに貼り付けて表示できます。 https://www.amazon.co.jp.tb-6cc9ldcrjarhj-rand--launch-neoivill2mevi8qra.shop

誤解しないように再度いっておきますが↑は本物そっくりの詐欺メールですから、本物の「サインインが検出されました」メールを受け取ったことのある人はご注意ください。

私も本物を知っているのでパッと見した時は騙されそうになりましたが、何度も迷惑メールを受信していたおかげで違和感を感じられるように...

そして、その違和感をハッキリさせるためによく見てみると「ありました!」、いつも通り怪しい箇所がポロポロと。

スポンサーリンク

Amazonセキュリティ警告の変な所

ではいつも通り、迷惑メールの怪しいと思ったポイントについて解説していきます。

差出人が変「Amazonが公開していないアドレス」

まずは、私のサイトで紹介する偽Amazonメールの定番になっているメールアドレスです。

今回もメールアドレスに「Amazon」という文字が含まれているので要注意を!

Amazonセキュリティ警告の詐欺メール差出人アドレス「account-update@amazon.co.jp」

送られてきたメールアドレスは「Amazon.co.jp <account-update@amazon.co.jp>」と、Amazonの文字が入っているメールアドレスですが、毎度お伝えしているようにAmazonから届くメールで使われるアドレスは決まっています。

けっして差出人の「Amazon」という文字に騙されないようにしましょう。

Amazon.co.jpが使用する差出人Eメールアドレスは以下の記事で紹介しております↓

Amazonを騙る詐欺メールに騙されないための方法(まとめ)
私のところに送られてくる最も多い詐欺メールが「Amazonを騙る詐欺メール」です。最近では詐欺の傾向や特徴なども徐々にわかってきました。そしてAmazonの詐欺を判別する方法も。そこで、これまでの詐欺記事の紹介も兼ねてまとめてみました。

もちろん今回のアドレスもAmazon公式サイトで公表されていない差出人だったので迷惑メール確定!

本物の「サインインが検出されました」メールと偽物で違うところ

では、ここからはいつもと違う説明の仕方をしたいと思います。

今回は冒頭で述べたように本物そっくりの偽メールですから、まずは本物の「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」メールを見ていただきたいと思います。

以下の画像はメッセージセンターに数か月前届いていた本物のメールです。

本物の「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」メール

本物のAmazonセキュリティ警告と異なる点は「ユーザ名」の箇所と「詳細表示ボタン」の箇所です。

偽物にはメールにユーザ名表示がない!

本物の場合「〇〇様」と文章の先頭にユーザー名が記載されてはじまりますが、偽物のメールではバグなのかユーザー名が正しく表示されておらず、以下のような感じで何とも違和感のある文章になっています。

本物との違い:偽物の「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」メールはユーザー名がおかしい

たぶん偽メールだから私のユーザ名がわからず、手段として「ユーザ名を書かない!」なんて逃げの手段でメールを送ったのだと思います。

偽物メールにはボタンではなくURLが貼りついている

もう一つの偽セキュリティメールの怪しい箇所は、「詳細を表示」ボタンではなくURLが貼りついている点です。

以下ので囲ったところです。

本物との違い:このEメールのリンクは「https://www.amazon.co.jp」で始まります。以下のリンクをいつでもブラウザに貼り付けて表示できます。 https://www.amazon.co.jp.tb-6cc9ldcrjarhj-rand--launch-neoivill2mevi8qra.shop

以下のリンクをいつでもブラウザに貼り付けて表示できます」なんて言葉も怪しすぎ!

先頭の「https://www.amazon.co.jp」には騙されないこと

そしてURLのことで言うと、もう一つ注意する必要があるところが「https://www.amazon.co.jp」以降の箇所です。

「https://www.amazon.co.jp」まではAmazonの正しいアドレスに見えますが、その後ろに「.」に続いて「.tb-6cc9ldcrjarhj-rand–launch-neoivill2mevi8qra.shop」が付いています。

Amazonのドメインとはまったくの別物です。

このEメールのリンクは「https://www.amazon.co.jp」で始まります。以下のリンクをいつでもブラウザに貼り付けて表示できます。 https://www.amazon.co.jp.tb-6cc9ldcrjarhj-rand--launch-neoivill2mevi8qra.shop

この手のURL、もしAmazonのサイトを開くのに「https://www.amazon.co.jp」を直接入力している人がいたらパッと見で安心し、コピーしてしまう可能性もあると思います。

注意しましょう!

スポンサーリンク

最後に「詐欺」記事の紹介

今回の詐欺メール、本物を知っているだけにたちが悪い!

メールについている「リンク」を押すときや、メールに記載されている「アドレス」をブラウザに入力するときは、必ずメッセージセンターを開き、偽メールでないことを確認してからにしましょう。

また今回のメール、私の端末ではセキュリティ対策ソフト【ウイルスバスタークラウド】をインストールしていたため、危険なサイトとしてチェックしてくれました。



セキュリティ対策ソフトは月額数百円で端末を守ってくれるので、インストールをオススメします。

また、Amazonの詐欺メールは今回のケース以外にもいろいろなパターンがあります。

私のサイトでは以下の記事でAmazonの迷惑メールについてまとめてあります。

参考にしていただければと思います。

Amazonを騙る詐欺メールに騙されないための方法(まとめ)
私のところに送られてくる最も多い詐欺メールが「Amazonを騙る詐欺メール」です。最近では詐欺の傾向や特徴なども徐々にわかってきました。そしてAmazonの詐欺を判別する方法も。そこで、これまでの詐欺記事の紹介も兼ねてまとめてみました。

またほかにも「詐欺サイトへの誘導」「TwitterのDMで騙された」など、私はいろいろと遭遇していますので、そちらも参考になれば幸いです。

404 NOT FOUND | 週末ぱぱのPC備忘録
パソコン(詐欺情報、設定、買い替え)

では、また。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
週末ぱぱのPC備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました