迷惑メール

Amazon Pay「入金完了、 ご請求内容のお知らせ」に注意!

Amazon詐欺情報 迷惑メール

最近、最近ツイッターやブログで何人も注意喚起しているAmazon Payの詐欺メール。

私のところに届いた詐欺メールは「【重要】Amazon Pay 入金完了のお知らせ(クレジットカード決済)」の方でしたが、件名違いで「【重要】Amazon Pay ご請求内容のお知らせ」というメールでも出回っている様です。

多くの詐欺メールは少し見れば「怪しい!」とわかりますが、今回のメールは「詐欺メール慣れ」していない人は騙されてしまうかも...と思うレベルでした。

ただそんなレベルの詐欺メールでもよく見て考えると「おかしい」と思う箇所や、ネットやTwitterでうまくキーワード検索すると「迷惑メール」や「詐欺メール」としてヒットします。

では今回もいつも通りに詐欺メールのおかしい箇所を説明したいと思います。

スポンサーリンク

そもそもAmazon Payとは?

すみません。

そもそも私自身 Amazon Pay というものを使ったことがなく、どんなものなのかを知らなかったので、まずは少しだけ「Amazon Payとは?」というところを書いておきます。

※知っている方は読み飛ばしてください

Amazon Payとは?

Amazon.co.jpアカウントに登録された住所・クレジットカード情報を使って商品やサービスの支払いができるサービス。ECサイトでの決済はもちろん実店舗の決済もできる。

ちなみに「できるAmazon Pay」というKindle版電子書籍が、無料(0円)で購入できるようなのでもう少し詳細を知りたい方はこちらで↓

では今回も「入金完了のお知らせ」「ご請求内容のお知らせ」メールの詐欺を見分けるポイントについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

入金完了のお知らせメールの内容

メールの件名は冒頭より書いている「【重要】Amazon Pay 入金完了のお知らせ(クレジットカード決済)」で届きました。そしてメール本文は以下のような内容となります。

Amazon Pay ご請求内容のお知らせ Amazon お客様 Amazonをご利用頂き誠にありがとうございます。 お客様のアカウントは強制停止されています‐アカウントで不審なお支払いが検出されました。 取引注文を防ぐために、個人情報を確認する必要があります。 Amazonログイン なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。 クレジットカードでのご入金頂き、誠にありがとうございます。 処理日 2020年2月14日 14:3:11 JST 購入額 262,622円(税別) お支払方法 クレジットカード Amazon Pay注文番号 P13-7430950-7938741 販売事業者お問い合わせ先 Apple Store info@apple.com 販売事業者ご注文番号 1-44255233

262,622円なんて高額な買い物をしたようです。

後ほどご説明しますが、今回はこの金額についても詐欺メールを疑ったポイントになりました。

スポンサーリンク

Amazon Pay詐欺メールの不審な点

ではいつも通り、メールの不審な点(怪しい点)を「件名」「差出人」「本文」の箇所で解説していきます。

件名で検索すれば大量にヒット

まず、今回詐欺メールで一番怪しいと思った点は、私がAmazon Payの存在自体しらなかったのに「【重要】Amazon Pay 入金完了のお知らせ」なんてメールが届いたことです。

直感で「このメール怪しい!」と感じました。

もしかすると、Amazon Payを利用している人がメールを受け取るとかなり焦るのかも...

で、今回は件名が検索すればヒットしそうなワードだったのでググってみると一発でヒット!

私を含め多くの人がTwitterやブログで注意喚起していました。

ここで、件名のパターンが複数存在することが発覚!

  • 【重要】Amazon Pay 入金完了のお知らせ(クレジットカード決済)
  • 【重要】Amazon Pay ご請求内容のお知らせ

ちなみに私の所に届いたメールの件名は、冒頭で書いた「【重要】Amazon Pay 入金完了のお知らせ」側になります。

差出人で騙されないこと「Amazonが公開していないアドレス」

今回の差出人には「Amazon」というワードが入っている(no-reply@Amazon.co.jp)ので一見「Amazonからの本物のメール?」と思ってしまいそうですが、騙されないこと!

件名:【重要】Amazon Pay 入金完了のお知らせ(クレジットカード決済)

メールアドレス中に「Amazon」という文字が入っていなければ即詐欺メール決定!というところですが、最近はメールアドレスに「Amazon」という文字を入れてくる詐欺メールも多くなりました。

ただ、私が何度も過去の記事で書いているように、Amazonでは「Amazon.co.jpが使用する差出人Eメールアドレス」を公開していますので、そこで判別をすれば一発!詐欺メールと断定できます。

Amazonを騙る詐欺メールに騙されないための方法(まとめ)
私のところに送られてくる最も多い詐欺メールが「Amazonを騙る詐欺メール」です。最近では詐欺の傾向や特徴なども徐々にわかってきました。そしてAmazonの詐欺を判別する方法も。そこで、これまでの詐欺記事の紹介も兼ねてまとめてみました。

Amazon公式サイトで確認し、公表していない差出人であれば無視しましょう。

本文が変「利用制限されず何度もメールが来る」

本文中には以下のように書かれているが、何通もメールが送信されてくること自体おかしい!

24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

私は買い物をしても商品が届かない!などの問題がない限りメールを確認しない。

そのため、今回の「【重要】Amazon Pay 入金完了のお知らせ」メールも来ていること自体気づいておらず、何通も届いていた。

本文で利用制限するとあるが、アカウント制限されていない証拠画像

ブログ記事を書いている今日(2月15日)になってもアカウントが制限されていない。

本来であれば24時間以内に確認をしていないため、既に「アカウント制限」されているはず...それなのに、同じ内容のメールが3通も届いています。

本当にAmazonからのメールであれば「アカウントを制限しました!」というメールが届いていると思いませんか?

今回のように「制限しました!」メールが届かないどころか、3通も同じメールを送信してくるなんて、この時点でも詐欺メール確定です。

本文が変「意味不明な文章」

すでに詐欺メール確定していますが続けますね。

文章として意味のわからない箇所が以下の箇所です。

お客様のアカウントは強制停止されています‐アカウントで不審なお支払いが検出されました。
取引注文を防ぐために、個人情報を確認する必要があります。

「取引注文を防ぐために」?どういう意味なんだろう。

これ以上「不審な支払いが起こらない様に」って意味なのかな?大企業が出すメールでこんなわかりにくく、はてなマークが頭に浮かぶような表現を見たことがない。

本文が変「同じ金額の人が複数」

また、本文の怪しい箇所といえば購入額もです。

私が受け取ったメールには購入額が「262,622 円 (税別)」となっていますが、1円の桁まで同じ金額の人が複数人Twitterでツイートしています。明らかに変、怪しすぎ...

本文が変「問い合わせ先がApple」

さらに本文での怪しい箇所が「販売事業者お問い合わせ先」です。

あれ?Amazon PayってAmazonじゃないの?なんで問い合わせ先が「apple.com」なんだ~!

販売事業者お問い合わせ先が「Apple」の画像

いつも思うけど、詐欺メールとか詐欺サイトってappleさんが好きだね~。

メッセージセンターに無いメール

もちろん今回もAmazonのメッセージセンターでも確認済みです。

Amazonからののメールをメッセージセンターで確認

上記で、Amazonが1月30日以降に私へメールを送信していないことが分かります。

今回の詐欺メールは2月14日に届いたメールなので、Amazonが送っているのならメッセージセンターに登録されているハズ。ここに載っていない時点で詐欺メール確定です。

※メッセージセンターの開き方は↓を見てくださいね

Amazonを騙る詐欺メールに騙されないための方法(まとめ)
私のところに送られてくる最も多い詐欺メールが「Amazonを騙る詐欺メール」です。最近では詐欺の傾向や特徴なども徐々にわかってきました。そしてAmazonの詐欺を判別する方法も。そこで、これまでの詐欺記事の紹介も兼ねてまとめてみました。
スポンサーリンク

最後に「詐欺」記事の紹介

今回の詐欺メールも「騙されそう!」とはじめは思いましたが、よく見ていけば突っ込みどころ満載の詐欺メールでした。Amazonの詐欺メールは他にもいろんなパターンがありますので、知りたい方は以下をどうぞ。

Amazonを騙る詐欺メールに騙されないための方法(まとめ)
私のところに送られてくる最も多い詐欺メールが「Amazonを騙る詐欺メール」です。最近では詐欺の傾向や特徴なども徐々にわかってきました。そしてAmazonの詐欺を判別する方法も。そこで、これまでの詐欺記事の紹介も兼ねてまとめてみました。

また、Amazonの詐欺以外について知りたい方は、以下になります。

404 NOT FOUND | 週末ぱぱのPC備忘録
パソコン(詐欺情報、設定、買い替え)

では、また。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
週末ぱぱのPC備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました