PCの高速化

低スペックの遅いPCはWindows10の設定変更で快適に!

Windowsパソコンのスペック不足を解消 PCの高速化

低スペックな格安パソコンでもWindows10の設定を少し変更するだけで快適に使えるようになる!

少し前に買ったWindows10パソコン(lenovo ideapad slim 150)、セットアップが完了したばかりでソフトがほとんどインストールされていないのに、キー入力した値がワンテンポ遅れて表示されるほど動作が遅い。

格安パソコン買った俺が悪いんだな~!とあきらめることが出来ず、少しでも快適に動作するようにならないかな~?とWindows10の初期設定をちょこっとイジったら、快適に動作するようになった。

格安パソコンは遅くて当たり前!

と、あきらめている方。

Windows10は、買ったばかりの状態から少し設定を変更するだけで快適に使えるようになりますので、実際に私が設定変更を行い、体感できるほど効果があったものだけを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

設定変更前後の違い(まとめ)

まずは、今回のWindows10の設定変更(※高速化)する前後での違いについて紹介します。

以下は、Windows10のインストールを完了し、ソフトを入れてないときに比較した結果です。

体感の違い

今回「使えない!」と思った一番の問題は「キータッチが遅れて表示される!」という点ですが、他にもイロイロと問題がありましたので、問題点を一覧にします。

設定変更する前 設定変更した後
起動直後状態 数分間重くて使えない 20秒くらいで軽くなる
GoogleChromeの利用 タブ9個が限界 9個以上のタブが開く
キー入力値の画面表示速度 1~2秒遅れる 遅れない

ブログ更新程度の利用すらまともに使えない。

タスクマネージャーの状態

動作の重さはタスクマネージャーでCPUとメモリの使用状況を見ると明らかです。

設定変更する前

以下の赤四角の箇所を見てわかるように、変更前は起動時のCPU負荷が50%~100%の状態で2分以上続き、メモリについては起動時点で60%以上使用されている状態でした。

Windows10のタスクマネージャー(設定変更前)

それが、Windows10の設定を変更したら以下のように低負荷な状態に落ちつきます。

設定変更した後

設定変更後はCPUが数十秒後には安定するようになり、メモリの使用状況についても40%まで低下して起動するようになりました。

Windows10のタスクマネージャー(設定変更後)

では、私が購入した使えないパソコンでも最低限使えるようになった「Windows10の高速化」設定について、効果のあった変更点4つを紹介していきます。

スポンサーリンク

4つの効果的なWindows10設定変更

本当は、動作を軽くする一番手っ取り早い方法は、各部品(CPU、メモリ)の性能を上げること。

しかし、今回のような格安パソコンではメモリ・CPU・ディスクなどがオンボードタイプになっており交換・増設のできないものが多いため、最低限ストレスなく使えるようにするために「視覚効果」「起動時アプリ起動」「バックグラウンド処理」の設定を見直します。

視覚効果をオフにして高速化

Windows10の初期設定では、意識しないと気付かないような「キレイに見せるための視覚的な効果」がいくつも施されています。

  • 背景が透けて見える透明効果
  • ウィンドウの最大化・最小化時のアニメーション
  • ディスクトップのアイコンに影をつける

上記のようなものです。

これらの視覚効果は私たちの意識していないところでプログラムが実行されており、低スペックなパソコンでは大きな負荷になっています。

そこで、これらの見た目(※視覚効果)を「すべてオフ」に設定することにより、パソコンの体感性能をアップ(※高速化)します。

設定変更の手順

  1. 「スタート」を右クリックし、リストから「システム」を選択します
  2. バージョン情報画面が表示されたら、関連設定の「システム情報」を選択します
  3. システム情報画面の左上にある「システムの詳細設定」を選択します
  4. システムのプロパティ画面が表示されたら、詳細設定タブのパフォーマンスにある「設定」ボタンをクリックします
  5. パフォーマンスオプション画面で「パフォーマンスを優先する」を選択します
  6. 最後に「適用」「OK」を押下すれば変更完了です

画面で説明すると以下の箇所となります。

Windows10の視覚効果を「パフォーマンスを優先する」に変更

もし以下のように、一部の視覚効果を残したい場合、

  • スクリーンフォントの緑を滑らかにする
  • ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する

そんな時は、設定変更の方法「5.」の「パフォーマンスを優先する」を選択後、残したい項目だけにチェックを入れて「6.」を行えば個別設定することが出来ます。

私は気になるようであれば後から再度変更すればよいと思ったので、すべてオフにしました。

スタートアップ無効でメモリ節約

Windows10の初期設定では、いくつかのアプリケーションが起動時に自動で準備されるように設定してあります。それらのアプリケーションを使用するのであれば問題ないのですが、使わないアプリケーションを勝手に起動されてもメモリの無駄遣いになります。

そこで、使わないアプリケーションをスタートアップ時に起動させないように設定変更することで、かなりのメモリが節約できます。

私が今回「利用しない!」と思い停止したアプリは以下です。

利用しない(使わない)アプリ

  1. Microsoft One Drive

Microsoft-One Driveは、クラウド上に用意された自分専用のデータ保存場所に さまざまなデータを自由に無料で保存できるサービス。使えば便利だとは思いますが、私は古い人間なので「クラウド上に個人情報を保存する」という点に不安があり利用しません。

そこで、スタートアップ(起動時)に自動実行されても無駄にメモリを消費するため、無効に変更。

設定変更の手順

  1. 「スタート」より「設定(※歯車マーク)」を選択します
  2. Windowsの設定画面が表示されたら「アプリ」を選択します
  3. アプリと機能画面が表示されたら「スタートアップ」を選択します
  4. スタートアップさせたくないアプリケーションを「オフ」に変更します

画面で説明すると以下の箇所となります。

Windows10のスタートアップを「Microsoft One Drive」をオフに変更

上記画面では「スタートアップの影響」として大中小の影響度も情報として表示されているため、その情報を参考にして影響度の大きい不要アプリを「オフ」にするほど、大きな効果が期待できます。

不要アプリ削除でディスク節約

こちらは「動作を軽くする」という目的ではなく、少ないディスク容量を節約する方法です。

今回購入したような格安パソコン「Ideapad Slim150」には不要なアプリケーションがほとんどインストールされていないため良いですが、量販店で購入するパソコンだと「家計簿」「年賀状」ソフトなど、利用しないアプリケーションが多くインストールされていることが多いです。

使わないソフトはディスク容量の無駄遣いになるため、削除すれば空き容量を増やすことができます。

私が今回「利用しない」と判断したアプリは以下になります。

利用しない(使わない)アプリ

  1. Skype
  2. Xbox Live
  3. Xbox Game Bar
  4. Xbox 本体コンパニオン

無料通話とチャット用のコミュニケーションツール(Skype)も、ゲーム(Xbox)も持っていないため、格安パソコンはディスク容量も少ないため削除することにしました。

設定変更の手順

  1. 「スタート」をクリックし「設定(※歯車マーク)」を選択します
  2. Windowsの設定画面が表示されたら「アプリ」を選択します
  3. アプリと機能画面が表示されたら「消したいアプリケーション」を選択します
  4. 「アンインストール」ボタンが表示されたら押下し削除します

画面で説明すると以下の箇所となります。

Windows10のアプリと機能より「アンインストール」をクリック

ただし、一部のアプリケーションについては上記の方法にて削除を行うことができませんので、必要であればコマンドにより削除を行います。

今回は「Xbox Game Bar」がコマンドにより削除するアプリケーションだったので、有限工房さんのサイトを参考にさせていただきアプリケーションを削除しました。

バックグラウンド変更で電力節約

最後は、バックグラウンドで実行されるアプリを「オフ」にして消費電力を節約しました。

バックグラウンドで実行するアプリには、使用していない時でも情報の受信や通知を許可して常に最新の状態を維持できるようにするアプリが指定されており、初期設定ではすべてのアプリが「オン」になっています。

バックグラウンド「オフ」にしたアプリ

  • ※すべて

バックグラウンドで実行しておかなければ使えないわけではないので、何も考えずにすべて「オフ」に設定しました。

設定変更の手順

  1. 「スタート」をクリックし「設定(※歯車マーク)」を選択します
  2. Windowsの設定画面が表示されたら「プライバシー」を選択します
  3. プライバシー画面が表示されたら「バックグラウンドアプリ」を選択します
  4. バックグラウンド実行させたくないアプリケーションを「オフ」に変更します

画面で説明すると以下の箇所となります。

Windows10のバックグラウンドアプリより「オフ」に設定変更

すべてのアプリを「オフ」に設定する場合、画面上部の赤枠箇所で一括オフで簡単に変更できます。個別で行う場合は、アプリケーション毎に「オフ」設定してください。

スポンサーリンク

Windows10の設定変更(まとめ)

今回のWindows10の設定変更は、画像編集やネットゲームなどを行うような高スペックなパソコンを使っている人には必要ない設定変更かもしれませんが、ブログとネットサーフィンだけだから格安パソコンで十分!と、非力(低スペック)なパソコンを購入した人には有効な設定変更です。

CPUやメモリの負荷を下げるWindows10の設定変更(※高速化方法)は今回紹介した方法以外でも数多くありますが、今回紹介したのはその中でも「効果の大きい変更」をチョイスして紹介しました。

もし、私と同様に低スペックなパソコンを購入して「使えない!」と悩んでいた方の参考に少しでもなったのであれば幸いです。

遅いパソコンといえば、古いパソコンのSSD換装も過去に行っておりますので、よかったらこちらも↓

化石パソコンLenovo G560のHDDをSSDに交換。1万円で体感性能3割UP!
Lenovo G560のような古いパソコンでも、安価に性能をアップさせる方法があります。 その方法の一つが、HDDをSSDに交換する「SSD換装」です。 今回はそんなSSD換装を、購入して約10年経つノートパソコン(Le...

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
週末ぱぱのPC備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました