驚異的な効果!古いノートパソコンが激変したハードディスク交換!

lenovo G560の改造 PCの高速化
記事内に広告が含まれています。

私のパソコン「Lenovo G560」が最近異音を発するようになりました。

OSはWindows 10にバージョンアップして問題はありませんが、とうとう部品の寿命が迫ってきたようです。

一般的に、パソコンの寿命は「OSのサポート終了」や「部品の経年劣化」などの理由から約5年と言われていますので、私のLenovo G560は7年間トラブルもなく動作していたことは、なかなかのものだったと言えるでしょう。

ただ、古いノートパソコンを使っている方なら共感していただけるかもしれませんが、長年使い続けたノートパソコンはハードウェアの進化に追いついていないため、遅いです。

特に古いハードディスクを搭載している場合は、データの読み込み速度の低下が問題のボトルネックとなっています。

そこで、私はこれらの問題を解決するためにハードディスクの交換に挑戦しました。

具体的には「SSD換装」という方法です。

この記事では、私がノートパソコンのハードディスクを交換する際に参考にした記事や必要な機器、そして私自身のハードディスク交換の失敗談をまとめました。

一応「SE」という職業柄、パソコンを使うことには馴れていますが、ハードウェアに関する知識はほとんど素人同然で、SSD換装なんて簡単にできるものなのか?と不安もありました。

しかし、結果は「素人でも大丈夫!」でした。

では、私のハードディスク交換の体験記事の紹介をしていきます。

 

スポンサーリンク

ノートパソコンのHDD交換とは

そもそも、ノートパソコンのハードディスク交換とはなにか?ですが、ノートパソコンのパフォーマンス向上やデータの読み込み速度向上を目指す際に、HDD(ハードディスクドライブ)を交換することです。

最近では、多くの方がHDDのパソコンではなく、SSD(ソリッドステートドライブ)のパソコンを選ぶようになりました。

では、HDDとSSDの違いは何でしょうか?

SSDとHDDの違い

HDDは物理的なディスク(プラッタ)上にデータを記録する方式です。ディスクの回転する上でデータの読み書きを行います。

一方、SSDはフラッシュメモリを使用してデータを保存し、電子的な方式でデータの読み書きを行います。

この違いにより、以下のような特徴があります。

まず、速度面ではSSDの方が優れています。

HDDは物理的なディスクを回転させる必要があるため、データの読み込みや書き込みに時間がかかります。

一方、SSDは電子的な方式でデータを処理するため、高速なアクセスが可能です。

その結果、起動時間やアプリケーションの動作速度が大幅に向上します。

また、信頼性や耐久性においてもSSDが優れています。

HDDは物理的なパーツが動作しているため、振動や衝撃に弱く故障するリスクがあります。

一方、SSDは機械的な部品がないため、振動や衝撃に対する耐久性が高いです。

さらに、エネルギー効率においてもSSDが優れています。

HDDはディスクの回転が必要なため、電力を消費します。

一方、SSDは電子的な方式でデータを処理するため、省エネルギーであり、バッテリー駆動のノートパソコンにおいて重要な要素となります。

以上のように、HDDとSSDには性能や利点において大きな違いがあります。

それでは、ハードディスク交換(SSD換装)するために必要なものについて書いて行きます。

SSD換装に必要な道具と予算

私が買った商品の紹介も兼ねて説明します。

HDD交換用の「SSD」

まず当たり前ですが、SSD換装というくらいなので「SSD」です。

SSDとは、Solid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)と言い、HDDと同じように使うことのできる記憶装置です。

SSDは、内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きする構造になっており、HDDに比べると読み書きが速く、動作音も静かというメリットがあります。

ただし、容量単価が高くなり、HDDに比べて高価になる点には注意が必要です。

私が購入した時だと、250GBのSSDが1万円くらいでした。

最近はさらに安くなっており、約5,000円程度で500GBのSSDを購入できることもあります。

古いパソコンの場合、1TBの大容量HDDの付いているものは少ないと思うので、交換前のHDD容量と同等か、それ以上のSSDであれば問題ないので、安価に購入できるでしょう。

クローン用の外付けケース(ケーブル)

2つ目の必要アイテムは、SSD換装においてクローンソフトを使用して現在のHDDの内容をSSDにコピーする必要があるため、SSDをパソコンに外付けするためのケースまたはケーブルです。

私はクローン作業だけのためにお金を払うのはもったいないと考え、ノートパソコンから取り外したハードディスクを外付けハードディスクとして利用できるように、ケースを購入しました。

ただし、私の場合は外付けケースとの相性が悪く、トラブルに見舞われました。特にLenovoパソコンのSSD換装を検討している方は、ご注意ください。

詳細は、後ほど紹介します。

クローンソフト

最後に必要なのはクローンソフトです。

クローンソフトとは、パソコン内のデータを完全に複製できるソフトウェアで、パソコンの設定やバージョンも複製できるため、復旧後に面倒な設定作業を行わずにすぐに使用することができる利点があります。

最近では、SSDへの換装をする人も増えているため、クローンソフトの需要も高まり、多くの人々に利用されています。

代表的なクローンソフトとしては、以下の2つがあります。

  • EaseUS Todo Backup
  • AOMEI Backupper Standard

これらのクローンソフトはインターネットからダウンロードすることができます。

以下のリンクからクローンソフトをダウンロードできます。

これらのソフトウェアを準備すれば、SSD換装の作業を開始する準備が整います。

 

スポンサーリンク

ハードディスク交換の体験談

それでは、実際にハードディスクの交換(SSD換装)を行い、どのような効果や失敗があったのか、体験談を紹介します。

ハードディスクを交換した効果

実際にHDDからSSDに交換した結果、驚くほどの効果を体感することができました。

まず、最も大きな変化は起動時間の大幅な短縮です。

以前のHDDではパソコンの起動に時間がかかり、イライラすることもありましたが、SSDに換装することで起動時間が3割近く短縮されました。

さらに、アプリケーションの起動も驚くほど高速化しました。

以前は待ち時間があり、重たいアプリケーションの起動にイライラしていましたが、SSDによってサクサクとした操作が可能になりました。

具体的な効果については、以下の記事をご参照ください。

化石パソコン「Lenovo G560」のSSD換装後の爆速っぷりを紹介!
10年前のパソコン「Lenovo G560」のHDD交換をしてSSDにしたら体感性能3割アップ!古いパソコンのHDDと同じ容量のSSD換装ならたった1万円で行うことも出来、Windowsの起動・終了、ブラウザの起動など、全体的に高速になる!

この記事では、私自身がLenovo G560のSSD換装を行った結果について紹介しています。

また、SSD換装時の失敗談についても紹介します。

SSD換装の失敗談

まずは、外付けケースに関してです。

外付けケースとパソコンに相性の問題があるなんて予想もしていなかったので、かなり悩まされました。

具体的な内容については、以下の記事でまとめていますので、参考にしてください。

パソコンにSSDをUSB接続したが認識しない!その原因が判明!
この記事では、Lenovo G560へのSSD換装を試みた際の「パソコンにSSDをUSB接続しても認識しない」問題に直面した体験談を紹介します。外付けドライブケースにSSDを取り付けてUSB接続したときに発生した認識しない問題です。

また、クローンソフトの選定においても相性の問題で苦労しました。

もしエラーやトラブルが発生した場合は、以下の記事が役立つかもしれません。

SSD換装「EaseUS Todo Backup」で0x1560e009エラー!完了できた方法!
SSD換装の定番フリーソフト「EaseUS Todo Backup」を使ったにも関わらず「0x1560e009」エラーでクローンが失敗し、何度やってもクローンを完了できない!本当なら数時間で完了するのに2日も費やしてしまったけど無事に解決!

しかし、SSD換装はこんな相性の問題さえ起きなければ、素人でも簡単に行える作業です。

SSD換装は2つの作業で完了

ざっくり言うと、以下の2つの作業です。

  1. クローンソフトを使ってHDDの内容をSSDへコピーする
  2. パソコンからHDDを外し、SSDに付け替える

「パソコンからHDDを外す」という作業に不安を感じる方は「パソコンの型番+分解」といったキーワードで事前に検索し、調べておくことで安心感を得られます。

例えば私は今回Lenovo G560というパソコンでSSD換装を行ったので「G560 分解」といったキーワードです。

この部分さえ押さえておけば、私のようにトラブルに巻き込まれなければ、クローンソフトが自動的に必要な作業を行ってくれるので、SSD換装は素人でも可能な作業です。

それぞれのクローンソフトの手順について、私が参考にした情報は以下です。

どちらのサイトも画像を使用してわかりやすく手順が説明されていますので、迷うことなく作業ができると思います。

 

スポンサーリンク

ハードディスク交換(まとめ)

新しいパソコンを購入する場合、数万円から数十万円という高額な費用がかかります。

その費用を出せるのであれば、ハードディスクの交換(SSD換装)などせずに新しいパソコンを買った方が手間や時間をかけずにスペックアップできます。

ただし、新しいパソコンを購入することは厳しいと感じている方も多いと思います。

もし、以下のいくつかの項目に当てはまるなら、満足のいく結果が得られると思いますので、一度考えて見てはいかがでしょうか。

  1. パソコンのディスクがSSDではない(※必須)
  2. 古くても買い替えるお金の余裕がない
  3. いまのパソコンに愛着があり買い替えたくない
  4. HDDの異音が気になり始めた
  5. 起動、終了が遅くてイライラする

私は「SSD換装」によってパソコンを延命することができ、現在、在宅勤務用のパソコンとして、デスクトップ風に使用中です。

机上スペース有効活用術!ノートパソコンを閉じたまま使った感想!
Windows10のノートパソコンをMacの「クラムシェルモード」のように閉じたまま使い、卓上スペースを有効活用!通常、ノートパソコンを閉じるとスリープ状態となる設定となっているため、閉じても電源オンの状態で使える設定変更を紹介します。

とはいえ、そろそろ限界も感じ始めています。

Windows11にアップグレードできない!対象外になった条件とは?
家にある古いPCをWindows11に無償アップグレードしたいと思いチェックすると、アップグレード条件を満たさない非対応パソコンばかりと判明しました。Windows11へのアップグレードができない非対応パソコンの紹介と、非対応条件を紹介します。

コツコツとお金を貯め、次は新しいパソコンを購入したいと思っています。

ポイントサイトの有効活用とポイントで投資するお金の増やし方!
私のポイントサイト活用方法について紹介します。ポイントサイトはショッピングやアンケート、アプリダウンロードなどでポイントが貯まり、貯めたポイントは現金や商品へ交換できるサービスです。また、ポイントで投資を行う方法についても紹介しています。
最強と話題の「レバナス」、億り人はムリでもツーバガーなら!
「レバナス最強!」とか「レバナス民 死亡!」と、いろいろ書かれる「レバナス」がTwitterで話題になっていたので投資を開始しました。この記事では、投資を決めた理由、楽天レバナスを選んだ理由、レバナスで億り人が難しい理由などを書いています。
レノボのパソコンを安く買う方法!安く手に入れる方法とは?
普通に買っても安いレノボ(Lenovo)のパソコンをさらに安く買う方法を知っていますか?私が先日買ったパソコンはEクーポンを使ったら、半額以下である約58%引きで買うことができました。そんな、レノボ(Lenovo)のパソコンを安く買う方法を紹介!

では、また。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました