スポンサーリンク
トラブルの解決

SSD換装「EaseUS Todo Backup」で0x1560e009エラー!完了できた方法!

lenovo G560の改造トラブルの解決

SSD換装の定番フリーソフト「EaseUS Todo Backup」を使ったにも関わらず、何度やっても「0x1560e009」エラーによりクローンが失敗して完了できない!

SSD換装、本当なら数時間で完了できるのにエラーに悩み、2日も時間を使いました(T_T)

ちなみに今回のエラーは前回の「外付けSSDが認識しない」と同様、私は相性を疑っています。

外付けSSDが認識しないためにSSD換装ができなかった理由
SSD換装作業の初っ端から足止め!発生した問題は、外付けケースへ入れたSSDをLenovoパソコンのUSBの口へ差し込んでも自動で認識しない!いろいろ設定を確認したが解決せず、最後には購入ショップの力を借りることに。そして原因が判明!

では、今回私が定番フリーソフトを使ったのにクローンに失敗した体験談を紹介していきます。

もし同様のエラーで悩んでいる方、本記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

クローンに失敗したパソコンとは

冒頭で書いた様に今回のクローンエラーも「相性が原因なのでは?」と疑っているので、まずはSSD換装するパソコン(※機種)について紹介します。

機種は7年ほど前に販売を開始した「Lenovo G560」というパソコンです。

古いパソコンの改造はHDDを交換するSSD換装がコスパ最強だった!
買って7年になる「Lenovo G560」へのSSD換装、トラブルもありましたが無事にHDD交換も完了です。予算が1万円だったこともありSSDは安い製品しか選べませんでしたが、それでも体感性能3割アップという大満足の結果です。

購入当時のOSはWindows7ですが、少し前にWindows10へバージョンアップしているのでサポート切れの問題はクリアしている端末です。

そんなLenovo G560で「なぜ、相性を疑っているのか?」と言うと、クローンソフトでエラーが出たことだけでなく、SSD換装で必要となる外付け用ケースでも相性に悩んだからです↓

外付けSSDが認識しないためにSSD換装ができなかった理由
SSD換装作業の初っ端から足止め!発生した問題は、外付けケースへ入れたSSDをLenovoパソコンのUSBの口へ差し込んでも自動で認識しない!いろいろ設定を確認したが解決せず、最後には購入ショップの力を借りることに。そして原因が判明!

では、端末紹介などはこれくらいにして、クローン作業で発生したエラーを紹介します。

※成功(※解決)した方法は後ほど紹介!

スポンサーリンク

失敗したクローンソフトと現象

最初に言っておきますが今回のエラー、あくまで私のPC「Lenovo G560」との相性が悪かったと思いますので、その点は誤解のない様にお願いします。

一応、ググれば上位表示されるクローンの定番フリーソフトですから...

ソフト「EaseUS Todo Backup」

エラーが発生したのは「EaseUS Todo Backup Free10.6」というソフトで、先に書いたようにSSD換装のクローンでは「定番」として紹介されているソフトになります。

EaseUS Todo Backupの説明

指定したドライブやパーティション、フォルダやファイルをイメージ化してバックアップできるソフト。ドライブ・パーティションなどをイメージ化してバックアップする“バックアップ”機能、バックアップイメージをもとにドライブ・パーティションなどを復元する“リストア”機能、および指定したドライブやパーティションを丸ごとコピーする“クローン”機能の3つを備える。

また、CDやDVDなどの各種メディアに合わせてファイルを分割するなど、バックアップ作業やデータ移行作業に便利な機能や、単体でブート可能なCD版の「EaseUS Todo Backup」を作成する機能も備える。CD版を利用すれば、Windowsがインストールされたシステムパーティションの復元も可能。

引用:窓の杜

参考までに、私が参照したリンクを紹介しておきます↓

やっぱ定番+人気ソフトが一番!

と思い「EaseUS Todo Backup Free10.6」でクローンすることを決めたのですが、結果的には何度やっても同じエラー「0x1560e009」が表示されてしまい、処理を完了することができませんでした。

エラー「0x1560e009」の現象

エラーの現象をもう少し詳しく説明すると以下です。

クローンの序盤は順調に進んでいきますが、あと少しで完了というところで「操作は失敗しました。プログラム または コンピュータを再起動後、再実行してください。0x1560e009」というエラーメッセージとエラーコードが表示されて失敗します。

もしかするとたまたま?

と思ったので、再実行しましたが結果は同じです。

また終了直前に「操作は失敗しました...再実行してください。0x1560e009」という同じメッセージが表示されて失敗しました。

クローンに費やす一回の時間は「Lenovo G560」程度のスペックだと、約3時間かかります。

この時点で2回の失敗により6時間を無駄にしており、さすがに「何かあるのでは?」と思ってネットを検索してみると、気になる書き込みを見つけました。

バージョンによってエラー発生!

気になった書き込みというのは「EaseUS Todo Backupのバージョンによってはエラーが発生する事もある!」という書き込みと「バージョンの古いプログラムをダウンロードして実行すると問題なく正常終了する!」という書き込みです。

解決策らしき書き込みが見つかったので古いバージョンのプログラムをダウンロードして試そう!と一度は思いましたが成功する保証はない!

再度古いバージョンで試して、また失敗すれば3時間が無駄になる...という思いが頭をよぎり、別のフリーソフトを探すことにしました。

スポンサーリンク

成功したクローンソフト

探した結果、EaseUS Todo Backupと同様にクローンの定番である、もう一つのフリーソフトを発見!

新しく見つけた↓のソフトで無事にクローンを完了できました。

ソフト「AOMEI Backupper」

見つけたクローンソフトは「AOMEI Backupper Standard v4.0.6」というバージョンのソフトです。

AOMEI Backupperの説明

指定したドライブやパーティションを丸ごとバックアップできるソフト。ドライブやパーティションをイメージバックアップするほか、ドライブやパーティションの内容をそのままコピーしたクローンを作成することも可能。システムドライブをOSが起動したままバックアップすることもできる。またWindowsが起動していない状態でバックアップ・リストアを行うために、Windows PEベースのブータブルCDを作成する機能を備える。バックアップしたイメージファイルを仮想ドライブとしてマウントし、中身のファイルへアクセスすることも可能。

引用:窓の杜

基本的には「AOMEI Backupper」も「EaseUS Todo Backup」も機能としては似ており、SSD換装のクローンとして使うだけなら、どちらのソフトを使っても差はありませんでした。

操作としても、多少違いますがほぼ考え方は同じだし、時間としてもほぼ同じです。

参考までに「AOMEI Backupper」についても私が参照したサイトを紹介をします↓

ダウンロード(窓の杜)

公式サイト:AOMEI Backupper

無事にクローンが終了した結果、大満足の結果です。

もし興味があれば↓

化石パソコン「Lenovo G560」のSSD換装後の爆速っぷりを紹介!
10年前のパソコン「Lenovo G560」のHDD交換をしてSSDにしたら体感性能3割アップ!古いパソコンのHDDと同じ容量のSSD換装ならたった1万円で行うことも出来、Windowsの起動・終了、ブラウザの起動など、全体的に高速になる!

今回のクローンの失敗で「もう少し効率的に作業すればよかった!」と感じた点があったので、ついでに紹介します。

スポンサーリンク

SSD換装に費やす時間の短縮方法

クローンは時間がかかります。

今回のSSD換装パソコン「Lenovo G560」程度のスペック(※CPU:Core i3 330M、メモリ:4GB)だと、成功したソフト「AOMEI Backupper Standard v4.0.6」を使っても、失敗したソフト「EaseUS Todo Backup Free10.6」を使っても、クローン作業にかかる時間はほぼ同じ「約3時間」必要です。

■クローン対象のストレージ容量・使用量

  • 320GB中80GBを使用中

少しでも時間を短縮したい!と考えるのは当たり前です。

そこで、少しでも短くするために一手間です。

事前にディスク使用量を減らす

もし移動できるファイル(※画像、動画、音楽ファイルなど)があるなら、事前に外付けHDDなどへ移動し、ディスク使用量を減らしておくとクローンに費やす時間を短縮することができます。

スポンサーリンク

クローン成功(まとめ)

前回の外付けケースの相性に続き、今回のクローンソフトでの相性。

化石パソコン「Lenovo G560」のSSD換装後の爆速っぷりを紹介!
10年前のパソコン「Lenovo G560」のHDD交換をしてSSDにしたら体感性能3割アップ!古いパソコンのHDDと同じ容量のSSD換装ならたった1万円で行うことも出来、Windowsの起動・終了、ブラウザの起動など、全体的に高速になる!

数々のトラブルはありましたが、SSD換装が無事に完了し、結果は大満足です。

化石パソコン「Lenovo G560」のSSD換装後の爆速っぷりを紹介!
10年前のパソコン「Lenovo G560」のHDD交換をしてSSDにしたら体感性能3割アップ!古いパソコンのHDDと同じ容量のSSD換装ならたった1万円で行うことも出来、Windowsの起動・終了、ブラウザの起動など、全体的に高速になる!

今回の記事を見ていただいた皆さんの完了を願い、終わりたいと思うます。

では、また。

追記:現在は在宅勤務で活動中↓

SSD換装が完了した「Lenovo G560」は、在宅勤務専用機としてシッカリ利用中です。

ノートパソコンをデスクトップ風に閉じたまま使う方法を紹介!
Windows10のノートパソコンをMacの「クラムシェルモード」のように閉じたまま使い、卓上スペースを有効活用!通常、ノートパソコンを閉じるとスリープ状態となる設定となっているため、閉じても電源オンの状態で使える設定変更を紹介します。

また、このSSD換装後にブログ専用機として格安パソコン「Lenovo ideapad slim 150」を購入したので、もし安いパソコン探している方、低スペックのパソコンを買ってシマッタと思っている方、こちらの記事も参考になればと思います。

我が家のPCは安く買えるレノボばかり。最も安く買う方法を紹介!
レノボパソコンはLenovo公式サイトのeクーポンを使って買うと、タイミングによっては半額以下で買うことができるのはよく紹介されているが、もう一つ経由すればさらに安く買えます。約10年前からレノボ製ばかり使う私の購入方法をご紹介します。
26,499円で購入できた Lenovo IdeaPad Slim 150※SSD搭載 の感想!
ブログ更新専用機として使っていたドンキPCの調子が悪くなり、新たに格安パソコン「Lenovo IdeaPad Slim 150」を購入!使ってみた感想や、ドンキPC「MUGA ストイックPC2」との性能比較、体感比較などを紹介します。
低スペックの動作が重いPCはWindowsの設定変更で軽く快適に!
26,000円で購入した低スペックな格安PC、Windows10の初期設定では動作が重く使えないパソコンでしたが、少しだけWindowsの設定変更をしたらブログ更新で使うには十分なPCになった。Windows10の高速化方法を紹介します。

あと、chromebookが気になっている方はこちらも↓

Chromebook(クロームブック)で十分!使い方次第ではコスパ最強!?
税込み17800円で購入した初のChromebookでも使い方次第では十分!最近 妻が株取引のためにパソコンが欲しいと言い始め、投資熱がいつまで続くかわからないので格安パソコンのChromebookを購入!想像以上でコスパ最強でした。

コメント

  1. ogura より:

    私もEaseUS Todo BackupによるSSD換装がうまくいかず、このページを参考にAOMEI Backupperを使ってみたところ、無事起動しました。おかげさまで助かりました。ありがとうございました!

    • 週末ぱぱ より:

      oguraさん、はじめまして。

      SSD換装の無事起動おめでとうございます!
      この手の問題は、遭遇すると無駄な時間を使ってしまいますので、お役に立てて幸いです。

  2. たかし より:

    LenovoG560のバックアップ領域のクローンができなくて困っていましたが、ここの記事で解決できました。ありがとうございます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました