1つのディスプレイをパソコン2台で共有「aoc 24b1xh/11」!

先日、簡単に「1台のディスプレイを2台で共有」できることを発見!

 

少し前に、在宅勤務の作業効率アップのために購入したディスプレイ。

切替機能が搭載されていることを知らず、他のパソコンで使いたいときはケーブルの抜き差しを行っていました。

ちなみに、複数のパソコンとは

  • 在宅勤務用パソコン
  • プライベート用パソコン

 

しかし、こんな面倒なケーブルの抜き差しをせず、1台のディスプレイを2台のパソコンで共有できました。

そこで今回は、

これまで私が気づいていなかった「切替器を使わず1つのディスプレイを複数のパソコンで共有する方法」について解説します。

私と同様、ディスプレイに切替機能が搭載されているのに、ケーブル抜き差しをしていた方の参考になれば幸いです。

 



複数PCでディスプレイの共有方法

よくネットで紹介されている「ディスプレイを複数のパソコンで共有する方法」は、以下のように切替器を使うやり方です。

1つのディスプレイを2台のパソコンで共有する方法

created by Rinker
¥2,580(2021/07/30 16:20:44時点 楽天市場調べ-詳細)

切替器は、安いものであれば1,000円くらいから購入できます。

 

しかし、切替器も、ケーブルの抜き差しもせず、ディスプレイを複数のパソコンで共有する方法があります。

それは、複数の入力端子(DVI、D-Sub、HDMI)が搭載されたディスプレイ(切替機能付き)を使った方法です。

 

切替器を使わないで共有する方法

では、私が今回実現した内容について説明します。

対象となるパソコンは、以下の2台です。

  • 在宅勤務用PC:Lenovo G560
  • プライベート用PC:Lenovo Ideapad Slim150

それぞれのパソコンの詳細を知りたい方は、以下をどうぞ▼▼▼

lenovo G560には「D-Sub、HDMIの出力端子がそれぞれ1つ」、Ideapad slim 150には「HDMIの出力端子が一つ」付いています。

 

そしてディスプレイは「aoc 24b1xh/11」です。

created by Rinker
¥2,710(2021/07/30 16:20:44時点 楽天市場調べ-詳細)

在宅勤務で使うディスプレイとして安い商品を購入したため「D-Sub、HDMIの入力端子がそれぞれ一つずつ」しかなく、2台とも高画質なHDMI端子で接続は出来ません。

そこで、在宅勤務用パソコン(lenovo G560)を「D-Sub」で接続、プライベート用パソコン(Ideapad Slim 150)を「HDMI」で接続することにしました。

lenovo G560 ↓

LenovoG560の入力端子

Ideapad slim 150 ↓

Ideapad Slim 150の入力端子

それぞれのパソコンから、ディスプレイ背面に配線完了↓

aoc 24b1xh/11の入力端子

ちなみに、aoc 24b1xh/11には、D-Sub、HDMI用ケーブルがそれぞれ1本づつ付いてきますので、別途ケーブルの購入は不要です。

切替方法について

切替は、ディスプレイ下面の赤丸箇所のボタンで行います。

aoc 24b1xh/11の切り替えボタンの場所

先ほどのボタンを押下すると、以下の画面が表示されます。

切り替えたい側が選択されるまで、先ほどの赤丸ボタンを押します。

aoc 24b1xh/11の切り替え表示

上手く切替されたら、完了です。

 

端子の種類/数は事前に調べる

やはり、在宅勤務用のパソコンの画質は残念な結果に...。

ディスプレイケーブルの種類

今回、私が購入したディスプレイ「aoc 24b1xh/11」は、D-Sub、HDMIの入力端子がそれぞれ一つずつ付いているディスプレイであることは先に話をしました。

端子のことまで考えずに購入したため、パソコンにはそれぞれHDMI端子がついているにもかかわらず、両パソコンをHDMIで繋げなかったため、D-Subで繋いだ在宅勤務パソコンの画質は見て分かるほど汚い。

あと数千円出してHDMI端子が複数ついているディスプレイを購入すればよかったと後悔しています。

ただ在宅勤務なので、そこまで画質にこだわるところでもない。とりあえずヨシとします。

 

複数PCで画面を共有するメリット

では、最後に画面を共有するメリットと、使った感じの感想を書いて終わりたいと思います。

 

まずは、共有したメリット。

1つのディスプレイを複数のパソコンで共有する一番のメリットは、やはり卓上スペースの有効活用です。

私のように、在宅勤務用パソコンとプライベート用パソコンを持っているような方は、それぞれのノートパソコンに外付けディスプレイを付けたのでは、卓上に大きなディスプレイを2台も置くことになり、卓上スペースのムダ使いになってしまいます。

2つのパソコンを同時に使うような人は向いていませんが、普通はどちらか一方のパソコンを使っているときは、もう一台のパソコンは使っていません。そんな方には、1台のディスプレイを2台のパソコンで共有することは、メリットが大きいです。

 

そして、使った感想。

私の在宅用パソコンは古いノートパソコンなので、画面サイズ15.6インチ/解像度WXGA (1366×768)とかなり表示情報が少なく使い勝手が悪かった。それが、23.8インチ/解像度フルHD (1920×1080)となり、会社と同じように資料を表示できるようになりました。


たった一万円でこのメリット、十分満足しています。

ではまた。