WordPress子テーマの変更内容が親テーマに反映されない

2020年5月29日

知っている人からすると「何言ってるの?」と馬鹿にされそうな「WordPress初心者」ゆえの悩み。

子テーマのカスタマイズ内容が親テーマに反映されない」が、やっと解決しました*\(^o^)/*

 

悩み解決レベルとしては「超超超 初心者レベル」の悩みです。

かなり恥ずかしい内容なので、あたたかい目で見ていただければと思います。

 



誤った理解のWordpress子テーマ

私が当初思っていた「Wordpress子テーマの使い方」とは、以下のような内容です。

  1. 「外観」-「テーマ」から子テーマを選択する
  2. 子テーマ側で見出しの色を変更する
  3. 「外観」-「テーマ」から親テーマに戻す
  4. 子テーマ側に設定した変更内容でブログが表示される

こんな風に使うものと考えていました。

 

要は、

子テーマとは、インストールすると親テーマの情報を上書きしてくれる。

子テーマで設定した後は、親テーマに切り替えて使う。

こんな誤った認識で子テーマを利用していました。

 

そのため設定が反映されないときに「Wordpressの環境が壊れているのでは?」とか「バグ?」とか疑ったことも...。

すべては私の無知が原因でした。

 

Wordpress子テーマの使い方とは

もう気づかれている方も多いと思いますが「WordPress子テーマの正しい使い方」は以下となります。

  1. 「外観」-「テーマ」から子テーマを選択する
  2. 子テーマ側で見出しの色を変更する
  3. 「外観」-「テーマ」から親テーマに戻す ⇒戻さない
  4. 子テーマ側に設定した変更内容でブログが表示される

 

要は、

子テーマとは、親テーマの情報を基本ベースとして一部の情報のみ子テーマで設定した内容を上書きする。

テーマは子テーマを有効にして使う!

というのが「正しい子テーマの使い方」でした。

 

もともとの誤った使い方は「親テーマに何も設定していない」ため「表示内容が変わるわけがない!」ということです。

 

最後に

今回の「WordPress子テーマの使い方」の間違った認識に気づいたのは、WordPressサポートページに同様の悩みを抱えている人がいたからです。

WordPressサポート「子テーマのカスタマイズが親テーマに反映されない」

 

1年経ってもWordpress初心者!

今後も「超超超 初心者ならではの悩み」がたくさん出てくると思いますので、恥ずかしがらず、どんどん記事にしたいと思います

ではまた。