スポンサーリンク
ワードプレス

初心者レベルだった「WordPressの子テーマ設定が反映されない!」

Wordpress初心者の悩みワードプレス

知っている人からすれば「何言ってるの?」と馬鹿にされそうな「子テーマの設定が反映されない」というWordPressの悩みが解決しました\(^o^)/

レベルとしては「超超超...初心者レベル」のかなり恥ずかしい内容です。

なので、温かい目で見ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

誤解していた子テーマの使い方

今回の「子テーマの設定が反映されない」という悩み、そもそも、子テーマの使い方を知らなかったのが原因でした。

まずは私が誤解していた「WordPress子テーマの使い方」を紹介すると、以下のような内容です。

  1. 「外観」-「テーマ」から子テーマを有効化する
  2. 子テーマ側で見出しの色などを変更する
  3. 「外観」-「テーマ」から親テーマを有効化する
  4. 子テーマ側で設定した変更内容でブログが表示される

こんな風に使うものと考えていました。

※間違っている箇所は赤字の場所

私の理解?思っていた?子テーマの使い方は、インストールして子テーマ側に設定をしておけば、親テーマの情報を上書きしてブログが表示される!って思っていました。

だから、子テーマでの設定が完了したら、親テーマを有効化するものだと...

こんな誤った認識で子テーマを利用していました。

そのため、設定しても反映されず「Wordpressの環境が壊れているのでは?」とか「バグ?」という感じで自分に非があるとは考えず、環境などを疑ってしまいました。

自分の無知が原因なのに...

スポンサーリンク

WordPress子テーマの使い方

では、気づかれている方も多いと思いますが、本来のWordpress子テーマの使い方を書いていきます。

WordPress 子テーマの使い方

  1. 「外観」-「テーマ」から子テーマを有効化する
  2. 子テーマ側で見出しの色などを変更する
  3. 子テーマ側に設定した変更内容でブログが表示される

間違っていたのは「親テーマを有効化する!」って余分なことをしていた箇所です。

子テーマの使い方を知るまでは「親テーマが子テーマの情報を参照する!」と考えていたので親テーマを有効化していましたが、完全に私の考えが逆でした。

本当の使い方は「子テーマが親テーマの情報を参照する!」という動きをするため、子テーマを有効化して使わないといけないというのが正解です。

勉強になりました。

スポンサーリンク

最後に

今回の「Wordpress子テーマの使い方」の間違った認識、WordPressサポートページに同様の悩みで悩んでいる人がいたことで解決しました。

WordPressサポート「子テーマのカスタマイズが親テーマに反映されない」

私もそろそろWordpressを使い始めて1年を過ぎるが、まだまだWordpress初心者です。

今後も「超超超...初心者の悩み!」があると思うので、恥ずかしがらずに悩んだことは記事にしたいと思います。

一人でも本記事が参考となるなら幸いです。

ではまた。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました