Amazonメール「重要:必ずお読みください」に注意!

Amazon.co.jpのご注文商品が発送されました Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。07/20に、ハイパーメディアショップ ゲオが商品を発送し、ご注文が完了したことをお知らせいたします。 ご注文商品の返品やご注文内容の変更をする必要がある場合は、Amazon.co.jpの注文履歴にアクセスしてください。領収書は、こちらから印刷することができます。 お届け日: 木曜日, 08/11 確認用アカウント 直接のお渡し、もしくはポスト投函いたします。お届け日時指定便の場合、ご指定時間よりも早くポスト投函できる場合があります。 お届け先: , 注文合計:: ¥ 111,410 クレジットカード (Visa): ¥ 111,410 ご注文商品はJapan Postでお届けいたします。お問い合わせ伝票番号は721791258495です。なお、お問い合わせ伝票番号で配送状況を追跡できるようになるまで、お時間がかかる場合があります。 注文の詳細 ご利用のアカウントで異常なアクセスが検出されたため、アカウントを一時保留にし、保留中のご注文やサブスクリプションをキャンセルいたしました。ヘルプページからご確認いただけます。 アカウントへのアクセスを再開するには、サインインして画面の指示に従ってください。必要な情報をご提供いただいたら、当サイトで調査の上、24 時間以内に返信いたします。 本件についてご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。 Amazon.co.jpのまたのご利用をお待ちしております。 Amazon.co.jp おすすめ商品 このEメールアドレスは配信専用です。このメッセージにはご返信いただけません。 迷惑メール

注文していないのに「注文商品が発送されました」メールが届きました。

もちろん迷惑メール!

今回のメールは件名の「重要:必ずお読みください」もおかしければ、本文内の名前や住所もデタラメ。適当な住所や名前を載せた迷惑メールを送るなら、よっぽど空白にしてあった方が詐欺メールっぽいのに...何がしたいのか意味不明でした。

ま、これまで突っ込みどころのない100%の迷惑メールなんて見たことありませんが...

では、今回も詐欺メールの紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

お読みくださいメールの内容

まずはいつも通り詐欺メールの内容から。

今回送られてきたメールの件名は「重要:必ずお読みください」という内容で、メール本文は以下となります。

Amazon.co.jpのご注文商品が発送されました Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。07/20に、ハイパーメディアショップ ゲオが商品を発送し、ご注文が完了したことをお知らせいたします。 ご注文商品の返品やご注文内容の変更をする必要がある場合は、Amazon.co.jpの注文履歴にアクセスしてください。領収書は、こちらから印刷することができます。 お届け日: 木曜日, 08/11 確認用アカウント 直接のお渡し、もしくはポスト投函いたします。お届け日時指定便の場合、ご指定時間よりも早くポスト投函できる場合があります。 お届け先: 注文合計:: ¥ 111,410 クレジットカード (Visa): ¥ 111,410 ご注文商品はJapan Postでお届けいたします。お問い合わせ伝票番号は721791258495です。なお、お問い合わせ伝票番号で配送状況を追跡できるようになるまで、お時間がかかる場合があります。 注文の詳細 ご利用のアカウントで異常なアクセスが検出されたため、アカウントを一時保留にし、保留中のご注文やサブスクリプションをキャンセルいたしました。ヘルプページからご確認いただけます。 アカウントへのアクセスを再開するには、サインインして画面の指示に従ってください。必要な情報をご提供いただいたら、当サイトで調査の上、24 時間以内に返信いたします。 本件についてご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。 Amazon.co.jpのまたのご利用をお待ちしております。 Amazon.co.jp おすすめ商品 このEメールアドレスは配信専用です。このメッセージにはご返信いただけません。

それらしくシッカリ作られているっぽい(※迷惑メールにシッカリもありませんが...)ですが、所々に矛盾する箇所やおかしな点がありました。

件名が「重要:必ずお読みください」なのに商品発送メールであるところとかね。

注文商品発送メールの怪しい点

では、いつも通り「差出人」「件名」「本文」などのポイントで、怪しいポイント(不審な点)を解説していきます。

差出人が変「Amazonが公開していないアドレス」

今回もメールアドレスに「Amazon」という文字が含まれているので要注意!

送られてきたメールアドレスは「mail@card_amazon.co.jp」。もちろん毎度お伝えしている通りAmazonの公式サイトで公開していない差出人Eメールアドレスです。

Amazon.co.jpが使用する差出人Eメールアドレスは以下の記事で紹介しております↓

Amazonを騙る詐欺メールに騙されないための方法(まとめ)
私のところに送られてくる最も多い詐欺メールが「Amazonを騙る詐欺メール」です。最近では詐欺の傾向や特徴なども徐々にわかってきました。そしてAmazonの詐欺を判別する方法も。そこで、これまでの詐欺記事の紹介も兼ねてまとめてみました。

Amazon公式サイトで公表していない差出人からのメールは無視しましょう。

件名が変「注文商品の発送メールなのに、必ずお読みください」

楽天市場でもAmazonでも、商品発送で「必ずお読みください」なんてメールをもらったことがない。

たいていは「ご注文の商品が発送されました」とか「発送のご案内」とか「商品発送完了のお知らせ」とかの件名でメールが届く。

商品発送メールなんて、いちいち確認しない...なのに何?必ず見ろって?

本文が変「名前が自分ではない」

では本文の変なところをいきます。

今回のメール、存在する人物名かもしれないので名前を一部伏せてありますが、送られてきたメールの本文に書かれていた注文者の名前は「確信様」。

読み方は「かくしん?」「かくのぶ?」どう読めばよいのかわかりません。それか「確信犯」の確信って言う意味なのかな?

確信犯とは

正しい事だと確信して行う犯罪のこと

ま、とりあえずはっきりしていることは、私が「確信」という名前ではないってことです。

本文が変「住所がまったく違う」

続いては住所。

書いてあった住所を検索してみると、実際に存在する住所でしたが苗字がまったく違っていました。存在する住所だったので塗りつぶしましたが、少なくとも私は愛知県民であって千葉県民ではない。

それか、私が買って「確信」さんの住所にお届けする注文という意味なのかな?

本文が変「注文詳細が何もない」

メールの中には「注文詳細」と書いてある箇所があるのに、リンクにもなっていないし、注文した商品の詳細も表示されていない。

※抜粋

なお、お問い合わせ伝票番号で配送状況を追跡できるようになるまで、お時間がかかる場合があります。

注文の詳細

ご利用のアカウントで異常なアクセスが検出されたため...

本文が変「キャンセルなの?」

そして意味不明な文章。

メール本文の上部では「キャンセルの仕方」や「商品の到着日時の補足」について書かれているが、最後のところで「注文をキャンセルした」という文面になっている。

※抜粋

ご利用のアカウントで異常なアクセスが検出されたため、アカウントを一時保留にし、保留中のご注文やサブスクリプションをキャンセルいたしました。ヘルプページからご確認いただけます。
アカウントへのアクセスを再開するには、サインインして画面の指示に従ってください。必要な情報をご提供いただいたら、当サイトで調査の上、24 時間以内に返信いたします。
本件についてご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

上部と下部の文面の繋がりもおかしいと思うが、「発送通知」と「アカウントの一時保留(異常アクセス検知)」を一つのメールで一緒に流すのもおかしいと思う。普通は別々のメールとして出すだろ!

本文が変「またのご利用をお待ちしております」

そして最後。

何でもかんでも「またのご利用をお待ちしております」と書けばイイと思っているんだろうか?

本件についてご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

Amazon.co.jpのまたのご利用をお待ちしております。

「ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。」で終わりのメールなら違和感がないのだが、まだトラブルが解決していないのに「またのご利用をお待ちしております」と書いてあることに違和感を感じるのは私だけ...?

最後に「詐欺」記事の紹介

パッと見はシッカリ作られているっぽい迷惑メールでしたが、よく見れば今回も突っ込みどころ満載でした。そもそも俺宛のメールでもなさそうだし...

では最後に他のAmazon迷惑メールの紹介リンクと、Amazonの詐欺メール以外の「詐欺サイトへの誘導」「TwitterのDMで騙された」などの記事リンクを紹介して終わります。

Amazonを騙る詐欺メールに騙されないための方法(まとめ)
私のところに送られてくる最も多い詐欺メールが「Amazonを騙る詐欺メール」です。最近では詐欺の傾向や特徴なども徐々にわかってきました。そしてAmazonの詐欺を判別する方法も。そこで、これまでの詐欺記事の紹介も兼ねてまとめてみました。
詐欺サイト・迷惑メール
「詐欺サイト・迷惑メール」の記事一覧です。

では、また。

コメント