私がレノボ(Lenovo)パソコンを半額以下で購入出来た手順とは?

2020年9月10日

急いで、レノボ(Lenovo)のパソコンを半額以下(安く)で購入!

 

パソコン購入を急いだ理由は、先日、今使っているパソコンのバッテリーが肥大していることに気づき、そのまま利用し続けているのが怖い状況だったので、変わりになるパソコンを手に入れるためです。

ただ、好きなパソコンが好きに買えるほどお金もないので、なるべく安く購入したいな~...と思い、初の公式サイトからの購入を行ってみました。その結果、かなり安く購入することが出来ました。

そこで今回は、私がはじめて利用した公式サイト経由でのパソコン購入について、安く購入する方法、買い方によりどれくらいの金額差があるのか?など、記事にしてみました。

パソコンを安く購入したい方、参考にどうぞ。

 



レノボ(Lenovo)を選んだ理由

まず初めに、少しだけレノボの公式サイト経由で購入しよう!と決めた理由を書いてみたいと思います。

 

レノボパソコンを選んだ理由は、もちろん金額。過去に数台Lenovoパソコンを購入しているが、どれも他社の同性能パソコンと比べ安く購入できるイメージです。昔、Lenovo G560を購入した時も、スペックは他社製品と同等にもかかわらず、かなり安く購入できました。

その「他社同スペックより安く購入できる!」という点がLenovoパソコンを購入することに決めたポイントです。

公式オンラインショップなぜ利用したか?という点も、同様に値段です。

 

結果(金額)からはじめに書くと、購入したパソコン「IdeaPad Slim150」を楽天市場で購入すると、最安値が46,800円。

created by Rinker
¥59,000(2020/10/31 03:36:53時点 楽天市場調べ-詳細)

そのパソコンをレノボ公式ショッピングサイト経由で購入したら26,499円(※-20,301円)。さらに言えば、ポイントサイトも経由したので約1,600円分のポイントが付き、実際は さらに安く購入できました。

 

では、本題の「レノボパソコンを安く購入する方法」について書いていきたいと思います。

 

レノボの商品を安く購入する方法

レノボのパソコンを最安値で購入する方法は、楽天市場経由でもAmazon経由でもありません。

私が購入するタイミングでは、以下の方法が一番安く購入できました。

  • レノボ公式サイトから一番お得なクーポンを利用して購入する
  • ポイントサイト「ハピタス」を経由する

レノボ公式サイトで「クーポンを利用すると安く購入できる!」ということは、多くのブログなどでも紹介されているので知っている方も多いと思いますが、忘れがちなのがポイントサイトを経由することです。また、どのポイントサイトを利用するのか?という点です。

 

では、もう少し詳しく書いていきます。

 

安く購入できた3つの手順

レノボの公式サイトより安く購入する手順は大きく3つ。

  1. 一番お得なクーポンを探す
  2. 一番お得なポイントサイトを経由する
  3. Lenovo公式サイトより購入する

1.割引額の高いクーポンを利用

Lenovoの公式サイトでは、常にいくつものキャンペーンを実施しています。

  • 春のPCご購入応援フェア
  • クリアランスセール
  • 今週のキャンペーン
  • 三連休セール
  • ナイトセール

他にもまだまだあります。

その中で、自分が欲しいと思っているパソコンは「どのキャンペーンを利用できるのか?」をまず探しましょう。

 

同じレノボの公式サイト経由で購入するにしても、選ぶクーポンの違いにより数千円の金額の差が出ることもあります。

参考までに、私の購入した「IdeaPad Slim150」で選ぶクーポンを間違えると価格差がどれくらい出るか?を例に挙げてみます。

 

まずは「普通のクーポン」を使って購入した場合です。

レノボ(Lenovo)直販で普通のクーポンを利用したときの価格

これだけでも、かなり安く購入することは出来ます。

しかし、これで満足せず もう少しキャンペーン情報にある広告バナーの内容を確認し、安いクーポンを探すとどうなるか?

 

以下は、私が今回のパソコン購入で利用した最も割引額がよいクーポン「春のPCご購入応援フェア Eクーポン」の例です。

レノボ(Lenovo)直販で一番安いクーポンを利用したときの価格

先ほどの「普通のクーポン」を利用した時には30,899円でしたが、「春のPCご購入応援フェア Eクーポン」を使うと26,499円。なんと、選ぶクーポンの違いによりレノボ公式サイト内でも4,400円の金額差が出ることになります。

 

レノボ公式サイトで一番安くパソコンを購入するためには、この「クーポン選び」がもっとも重要です。

探したら「Eクーポン」番号をメモしておきましょう。

 

2.ポイントサイトは還元率で選択

さらに安く(お得に)購入したいなら、ポイントサイトの利用です。※ポイントサイトを利用したくない人は飛ばしてください。

 

もし、ポイントサイトを利用するなら、ポイントサイトの中でも「Lenovo広告」の還元率が一番高いポイントサイトを探しましょう。

私は以下6つのポイントサイトを利用しているため、その中で一番還元率の高いサイトを選んで利用しました。

私の購入したタイミングでは、たまたま「ハピタス」がポイントアップ期間で、6%の還元がありました。そのため、26,499円のパソコン購入で1,600円近くのポイントが還元されました。

利用するポイントサイトが決まったらポイントサイトのLenovo広告バナーをクリックし「レノボ公式オンラインショッピング」サイトを開きます。

 

3.レノボ公式サイトにて注文する

クーポン番号、ポイントサイトが決まったら「Lenovo公式オンラインショッピング」から注文します。手順は以下となります。

①レノボ公式サイトを開く

本手順は、ポイントサイトを経由しない方のみです。ポイントサイトを経由した方は、公式サイトが自動で開きますので②の手順より行ってください。

レノボの公式サイトの起動は以下から出来ます▼

起動したら、②へ。

 

②対象の商品をカートに入れる

レノボの公式サイトが立ち上がったら、右上にある「キーワード、商品など」と書いてある箇所より欲しい商品を検索します。

見つかったら「直販モデルを購入」をクリックします。

Lenovo IdeaPad Slim 150を「直販モデルを購入」ボタンより購入

「直販モデルを購入」をクリックするとスペック(性能)の違う同じ型番の商品が複数表示されるので、自分が欲しいと思っている性能のところで「カートに入れる」をクリックします。

 

なぜか もう1回「カートに入れる」を押す画面が表示されますが、再度「カートに入れる」を押します。

 

③クーポンコードを入力する

カート画面にてクーポンを入力する画面が立ち上がりますので、事前にメモしておいた「クーポン」番号を入力します。

Lenovoの直販で安くパソコンを買うなら一番お得なクーポンを指定

※今回の私が購入した商品はこちら↓

  • 商品名  :Lenovo IdeaPad Slim 150
  • クーポン:LVSPRING0506

 

④ご購入合計金額を確認し購入する

入力したクーポンに間違いがないこと、購入合計金額に間違いがないことを確認し、「購入手続き」をクリックします。

レノボ(Lenovo)直販で特別なクーポンを利用したときの価格

 

⑤必要情報を入力し、注文を確定する

購入手続きを選択すると「お届け先」「支払い情報」などを入力する画面が立ちあがるので、必要情報を入力します。

入力したら、内容確認後「注文を確定する」をクリックします。

 

⑥注文完了です

「ご注文ありがとうございました」と画面に表示されたら注文完了です。※「必要情報入力」で指定したメールアドレスに注文明細が届く

 

注文が完了したら「Lenovo ID」を作成する画面が立ち上がります。

※とりあえず私は作りました

 

楽天市場に直販ショップもある

Lenovoパソコンは公式サイトだけでなく楽天市場のメーカー直販のショップ「レノボ・ショッピング 楽天市場店」がありますので、こちらからでも安く購入することが出来ます。

レノボ・ショッピング 楽天市場店

 

欲しい商品が「レノボ・ショッピング 楽天市場店」にあれば楽天ポイントがつくので、楽天ポイントを貯めている人は楽天市場からの購入もお得です。

ただポイントサイトを利用する方は「ポイントサイトの楽天広告+楽天ポイント」で購入するより「ポイントサイトのLenovo広告」を利用して購入した方が、最終的に貰えるポイントが多くなることもありますので、ポイントサイトは上手に利用しましょう。

 

最後に

おなじ性能で安いパソコンを買いたいならLenovoのパソコンはオススメです。ただ、誰もが「Lenovo公式サイト」「楽天市場」から買った方がよいというわけではありません。

 

購入機種にもよりますが、中国で生産されている機種は到着までに2~3週間かかります。急いでいる方は他のメーカーパソコンを購入するか、Lenovoの米沢生産モデルを選ぶとよいでしょう。

 

では、次の記事ではレノボ(Lenovo)公式オンラインショッピングから購入した場合の「商品が到着するまで」の期間などについて書きたいと思います。

ではまた。