アマゾンプライム:Amazon緊急事態「クレジット有効期限切れ」に注意!

アマゾン(Amazon)さんの詐欺メールは本当に多いです。

 

今回、私のもとに訪れたのは「Amazonプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!」という件名で届く詐欺メールです。

今回もいつも通り、詐欺メールの怪しい箇所を注意喚起していきたいと思います。

 



Amazonプライム詐欺の怪しい箇所

いつも通り、今回も「Amazonプライム」の詐欺について、差出人から内容まで解析していきたいと思います。

 

差出人が「Amazon緊急事態」

差出人が「Amazon緊急事態」という所も怪しければ、メールアドレスの所も怪しい。

 

Amazonさんが送ってくるメールは、メールアドレスが決まっている。

そのため、

以下のような「amazon」の文字が入っていないメールアドレスというのはあり得ない!

Amazon緊急事態メール

 

そしてもう一つ。

 

差出人に表示されている「Amazon緊急事態」って...。

緊急事態ということを伝えたいなら、それなりの「件名」や「本文」を書いて伝えるだろう。

メールアドレスに「緊急事態」なんて言葉は書かない。

 

上のようなポイントで見ると、偽のAmazonメールか、本物のAmazonメールかを、ある程度判別できます。

ただ、100%ではない。

そこで見るのが、Amazon公式サイト。

 

最近は、大企業の詐欺メールが多いので、公式サイトに「詐欺の注意ページ」が準備されている所が多い。

アマゾンも同様です。

Amazon詐欺メールの見分け方」については、以前の記事に書いてありますので、よかったら参考にどうぞ↓

下記のような場合に公式サイトを確認すれば、少しでも詐欺に遭うことを避けられると思います。

  • 疑いのあるEメールやSMSを受け取った場合
  • 詐欺EメールやSMSによくある内容
  • Amazon.co.jp で使用している送信情報

 

今回、本文での詐欺判断は困難

いつも、メール本文に間違いなどが含まれており詐欺を疑うのですが、今回はある意味「詐欺」の精度が高い。

Amazonプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています

 

本文中に間違いもないし、日本語の使い方もおかしくない。

だんだん詐欺の手口が巧妙になっている。

 

カード更新時期の人は要注意

今回は、カードなどのお金に絡むこと!

少しでも怪しいと思う箇所があれば、必ずメールの「件名」や「差出人」をGoogle検索しましょう。

詐欺メールであれば何かしらネットで情報がヒットします。よほど出回る初期でない限り...。

 

すぐにメール本文の「支払方法の情報を更新する」を押すようなことはヤメましょう。

 

もし支払方法の確認・更新を行う場合は、メール記載のリンクではなく、自分でログイン画面を開きログインするようにしましょう。

そうすることで、詐欺の被害に遭うことを回避できますので。

 

まとめ

大企業の詐欺は、企業側もマイナスになるので注意ページを用意しているところが多くなりました。

Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別について

それらの情報をうまく活用して、詐欺に遭わないようにしましょう。

 

また、Twitterやブログでも注意喚起する方も多いので、特に今回のようなお金に絡むときには注意しましょう。

詐欺サイト・詐欺メールまとめ



では、また。