ウイルスバスター クラウド 月額版のCPU負荷が高い原因と解決方法!

最近、パソコンが重くて原因を調べたら「ウイルスバスター」のせいだった。

 

私のパソコンのタスクマネージャーを確認したところ、問題になっていた箇所は以下の2点です。

  • プロセスタブの「Trend Micro Anti-Malware Solution Platform」がCPUを占有している
  • 詳細タブの「coreServiceShell.exe」がCPUを占有している

上記2点により、常にCPU使用率が30%以上になっていました。

 

そんな問題が、数か月ぶりに解決しました。

今回は、ウイルスバスター クラウド 月額版のCPUの使用率が高いときの解決方法について説明します。

私と同様に困っている方、参考になれば幸いです。

 



CPU負荷が高くなるバージョンとは

問題となっているウイルスバスターのバージョンについては「ウイルスバスタークラウド月額版」のバージョン16.0(※現時点の最新版)です。ウイルスバスタークラウド版とは違いますのでご注意を。

ちなみに今回の問題が解決する前には「再インストール」「再起動」など、試せることはすべて行いましたが、どれも解決しませんでした。

発生していた現象と問題点

発生していた現象

問題が発見できたのは「最近パソコンが重い!」と感じ、タスクマネージャーを確認してからです。

 

現象としては、通常、CPU使用率が10%以下で動作するところを、動作が重いと感じ始めた頃からは、常にCPU使用率が30%を越えてました。

そのCPU使用率は、以下のプロセス・プログラムがほぼ利用していました

  • プロセスタブ:Trend Micro Anti-Malware Solution Platform
  • 詳細タブ:coreServiceShell.exe

これらは、共に「ウイルスバスター」が使っているプログラムになります。

 

CPU負荷が高いことによる問題

性能の高いパソコンであれば、あまり気にすることがないかもしれませんが、私の使っているパソコンは、10年前のパソコンと、最近購入した格安パソコン。

そのため、パワーがないため、CPUなどに負荷がかかるとスグにわかります。

使い勝手が悪くなった点をまとめると、

  • CPUファンがうるさい
  • 持ち出し時にバッテリーがスグなくなる
  • 常にパソコンの動作が重い
  • パソコンがスグ固まる

そこで、ダメ元で「Trend Micro」へ問い合わせを行いました。

 

チャットで問い合わせしたら解決

本問題の解決方法は、現時点、ネットを検索しても全く出てきません。

しかし「Trend Micro」へチャットにより問い合わせをしたら、たった10分で問題解決しました。

 

では、問い合わせ方法と、解決した内容について解説します。

チャットでの問い合わせ方法

チャットによる問い合わせは、以下のリンクより行えます。

Trend Micro-チャットでのお問い合わせ

◆チャットに接続する前に入力する情報

  • お問い合わせ内容-お使いの製品
  • お問い合わせ内容-お問い合わせ区分
  • お問い合わせ内容-受付番号 (任意)
  • 製品の情報-シリアル番号 (ご契約内容の確認のため、ご入力ください)
  • お客さまの情報-姓
  • お客さまの情報-名
  • お客さまの情報-メールアドレス

◆チャットではじめに聞かれたこと

  • OSのバージョン

任意の場所は入力しませんでした。

シリアル番号の調べ方については、以下を参照

製品版シリアル番号を確認・変更するには

 

解決方法と解決後のCPU負荷

トレンドマイクロのサポート担当者とやり取りした結果、以下の更新プログラムを実行してください!と指示がありました。

  • VB2020_1600_win_jp_plugDaemonHost_hfb1001.exe

こちらを実行したところ、CPUの使用率が10%前後にまで下がりました。

もちろん、以下のプロセス・プログラムも確認。

  • プロセスタブ:Trend Micro Anti-Malware Solution Platform
  • 詳細タブ:coreServiceShell.exe

結果は、ともにCPU使用率は0%~数%にまで落ち着きました。

 

ただ、こちらの修正バージョンの公開は現在調整中とのこと。

手に入れるにはサポート窓口に問い合わせを行い、URLを送信してもらう必要があります。

 

最後に

私と同様に、ウイルスバスターのCPU負荷が高くパソコンの動作が重い方は、チャットなどで サポート窓口へ問い合わせると、解決するかもしれませんよ。

困っている方は一度、問い合わせてみてはいかがですか。

ではまた。