スポンサーリンク
パソコン

私のパソコンは要件を満たせずWindows11にアップグレード不可!

lenovo IdeaPad Slim 150パソコン

とうとう我が家のパソコンもOSのアップグレードが無理に...

化石パソコン「Lenovo G560」のSSD換装後の爆速っぷりを紹介!
10年前のパソコン「Lenovo G560」のHDD交換をしてSSDにしたら体感性能3割アップ!古いパソコンのHDDと同じ容量のSSD換装ならたった1万円で行うことも出来、Windowsの起動・終了、ブラウザの起動など、全体的に高速になる!
26,499円で購入できた Lenovo IdeaPad Slim 150※SSD搭載 の感想!
ブログ更新専用機として使っていたドンキPCの調子が悪くなり、新たに格安パソコン「Lenovo IdeaPad Slim 150」を購入!使ってみた感想や、ドンキPC「MUGA ストイックPC2」との性能比較、体感比較などを紹介します。

上記のパソコンは在宅勤務用PC、ブログ更新用PCとしてまだまだ行けると思っていましたが、Windows11にアップグレードすることが出来ず、これまでのようです。

では、今回はWindows11が入らなかった最小要件のことなどを紹介します。

スポンサーリンク

アップグレード可能かの確認方法

まずはツールにて私が利用するパソコン2台(Lenovo G560、Lenovo ideapad slim150)のチェックを行った結果から紹介します。

Windows11の互換性確認ツール

Windows11の互換性を確認するチェックツールは、Microsoftの公式サイトにてリンクがありますので、そこからダウンロードして行うことができます。

↓Microsoftの公式サイト

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft
新しい Windows 11 オペレーティング システムをご紹介します。Windows 11 の機能、デバイスの互換性を確認し、最新の Windows OS へアップグレードする方法をご覧ください。

サイトを開き、以下の箇所から互換性を確認するツールをダウンロードすることができます。

Windows11の互換性確認ツール

アプリのダウンロードが完了したらインストールを行い、アプリ上の「今すぐチェック」をクリックするとシステム要件を満たしているか?のチェック結果が表示されます。

スポンサーリンク

Windows11にアップグレードできない理由

では、Windows11の互換性確認ツールにて私が利用するパソコン2台(Lenovo G560、Lenovo ideapad slim150)のチェックを行った結果について紹介します。

Lenovo G560

まず1台目は、私のブログでも何度か登場しているSSD換装したLenovo G560です。

チェックツールの結果は以下でした。

LenovoG560はWindows11の最低要件を満たさない

RAM、コア数、クロック速度は要件を満たしているのですが、その他で非対応に...

非対応の中の「セキュアブート」「TPM」についてはチェック結果が「✖」ではないので対応できそうですが、プロセッサ(CPU)についてはムリそうです。

対応するCPUへの交換ができるのか?も不明...新しい情報があれば更新したいと思います。

Lenovo IdeaPad slim150

続いてもブログで何度か紹介している格安パソコン「Lenovo IdeaPad slim150」です。

こちらもツールでチェックしてみました。

結果は、以下の通りです。

Lenovo Ideapad slim150はWindows11の最低要件を満たさない

LenovoG560と同様にCPUの要件を満たせず非対応に...

けっきょく、私の現在使用中のパソコンはWindows11にアップグレードできない機種ばかりで全滅しました。

今回、私が要件を満たすことの出来なかったCPU要件、Windows11の対応CPUがMicrosoftの公式サイトでも確認できます。

Windows のプロセッサの要件
この仕様では、Windows 製品を含むカスタマー システム (カスタム イメージを含む) で使用できるプロセッサについて詳しく説明します。

ただし現在、Lenovo直販サイトで購入できる、CPUが「AMD 3020e Processor (1.20GHz up to 2.60 GHz)」のLenovo IdeaPad slim150ならWindows11の対象商品です。

直販:Lenovo IdeaPad Slim 150

MUGAストイックPC4

ちなみに格安PCといえば、私も以前にオモチャとして購入したことのあるドンキの「MUGAストイックPC」も気になります。

そこで、第4弾モデル「MUGAストイックPC4」が対応しているのか?も調べてみました。

結果は、CPU、RAM、ストレージは対応しているが、TPMが要件を満たしていないとのことです。

公式には非対応ですが、マイクロソフトから推奨されていないTPM回避をすれば、Windows11をインストールすることが可能らしい...

TPMについては、少しだけ以下に記載します。

TPMとは

  • コンピュータのマザーボードなどに装着される、セキュリティに関する各種機能を備えた半導体部品

TPMの確認方法

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし「デバイスマネージャー」を選択する
  2. 「セキュリティデバイス」の「>」を選択し展開する
  3. 「トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)」が確認できる
スポンサーリンク

今後、どうするか?

では最後に、今後のことを書いて終わりたいと思います。

Windows10のサポート期限は?

まず、Windows10のサポート期限についてですが、Microsoftは2025年10月14日まで「少なくとも1つの Windows10半期チャネルを引き続きサポートします」って言っているので、スグには問題にならなさそうです。

Windows10のサポート期限について

サポート期限はバージョンにより異なるため、Windows10の各バージョンごとのサポート期限については、以下のMicrosoft公式ページを参照ください

Windows 10 Home and Pro - Microsoft Lifecycle
Windows 10 Home and Pro は、モダン ライフサイクル ポリシーに従います。

とりあえずサポート終了までは約4年あるので、ゆっくり考えたいと思います。

ただ、買い替えるにしてもお金も無いので、お得に買えそうな「無償アップグレード対応のパソコン」をLenovo直販サイトより物色中です。

Lenovo「Windows11 無料アップグレード対象製品」

もし、Lenovoパソコンをお得に買う方法を知りたい!と思う方、私がお得に購入している方法をまとめてある記事を書いてありますので、よかったら参考に!

我が家のPCは安く買えるレノボばかり。最も安く買う方法を紹介!
レノボパソコンはLenovo公式サイトのeクーポンを使って買うと、タイミングによっては半額以下で買うことができるのはよく紹介されているが、もう一つ経由すればさらに安く買えます。約10年前からレノボ製ばかり使う私の購入方法をご紹介します。

ではまた。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました